沖縄料理は珍しい食材や調理法で作られたものが多いです。そのため観光客が沖縄料理を食べた時の反応は「美味い」と「まずい」が同評価。そこで観光客が思う沖縄のまずい料理をまとめてみました。

豆腐よう

豆腐よう

豆腐ようは琉球王朝時代の宮廷料理でもあるれっきとした高級料理です。今では観光客に人気の居酒屋でもメニューにあるので、意外とチャレンジしたことがある人も多いのでは?

ただ実際に目の前に豆腐ようが出てくると、ほとんどの人が言葉を失います。なにしろ真っ赤に着色されたなんとも不思議な塊が小さなお皿にちょこんとのせられているだけなのですから、見ているだけで「何この色?」「これだけでこんな値段がするの?」といろいろなことを考えてしまうはずです。

確かにそれは言えているかもしれません。もともと豆腐ようは島豆腐に麹を加えて発酵・熟成させたものです。よく見かける豆腐ようは紅麹を使っているので真っ赤な色をしています。紅麹以外にも黄麹や泡盛を使うこともありますが、やはり独特の臭いがあり初めての人にはちょっとヘビーな感じです。

ちなみに黄麹で発行させた豆腐ようはチーズのような見た目になります。これだと見た目的にはかなりハードルが下がりますが、塊のまま口に入れると何とも言えない味が口いっぱいに広がります。しかもそれはなかなか消えません。基本的に豆腐ようは爪楊枝などで少しずつ削り取って食べる物なのですが、見た目に騙されて一気に口の中に入れてしまうと大変!たいていの人が「なんじゃこりゃ!」と思ってしまいます。

一応高級料理ですし少しずつ食べると練りウニのような味がするので美味しいのですが、食べ方を間違えるとやはりまずい…。だからなのか観光客からの反応はいまいちです。

スクガラス

スクガラス

スクガラスは魚の塩辛です。沖縄の方言でスクは「アイゴ」、カラスは「塩辛」ですから、スクガラスは「アイゴの塩辛」ということになります。

スクガラスは隊長3センチほどのアイゴの稚魚を使います。塩辛ですが魚の形はしっかり残っていますので、目の前に出てくると「小骨だらけでまずそう…」と思うはずです。ところがスクガラスに使われるアイゴの稚魚はふ化してから1か月くらいしかたっていません。そのため骨は柔らかくそのまま食べても骨は気になりません。

スクガラスは島豆腐の上にのせて食べるのが定番なので、沖縄の居酒屋に行くと一品料理のほかにも「お通し」として出てくることもあります。とはいえ独特の臭いがするので、地元でも好き嫌いがはっきり分かれます。それだけに観光客の反応も「美味い」「まずい」がはっきり分かれます。

チャンプルー料理

ゴーヤーチャンプルー

チャンプルーとは「混ぜる」という意味です。そのためチャンプルー料理というと、いろいろな食材を一緒に炒め混ぜる=炒め物となります。

例えばゴーヤーチャンプルーはゴーヤーをメインにした野菜炒めですし、島豆腐をメインにしたものはトーフチャンプルーとなります。もちろんこれらは立派な沖縄の家庭料理なのですが、観光客の反応は結構厳しい…。

移住組の私も最初に見た時には「ただの野菜炒めじゃないの?」と思わず口にしてしまいましたが、同じように感じる観光客はどうも多いようです。

それでも大人は「これが沖縄料理か!どれ食べてみよう!」となるのですが、チャンプルー料理の食材の基本は野菜ですから野菜が苦手な子どもにとってはかなりハードな料理。そのため観光客が多い食堂に行くと、時折「野菜炒めはヤダ!」とはっきりNOを出す子どもを見かけることがあります。

そりゃそうですよね?いくら沖縄の家庭料理だからといっても、子どもにとってはただの野菜炒め。しかもチャンプルー料理は大盛が基本ですので、大量の野菜炒めが目の前に出てくる光景は厳しいかもしれません。

オキナワンキッズたちは小さい頃からチャンプルー料理を食べなれているのでほとんど気にしませんが、観光で沖縄に来た子供たちにとっては「旅行に来たのに野菜炒めなんて!」という気持ちが強いはず!そのがっかりする気持ちが「まずい」につながってしまうのかもしれません。

おすすめの記事