沖縄県内には沢山の道の駅があります。どれも地元の特色を生かした面白い施設なのですが、今回は「ここだけは外してほしくない!」と自信をもっておすすめする道の駅ベスト3を紹介します。

第1位【道の駅許田】

道の駅許田

県内8か所ある道の駅の中でも「全国道の駅ランキング」で1位を獲得したこともあるのが、本島北部の「道の駅許田」です。年間約150万人が訪れるという道の駅許田は、本島北部の主要都市である名護市にあり、本島北部の各地域に行かなければ手に入れられない珍しい特産品もまとめて一か所で販売しているのでお土産選びのスポットとしても人気があります。

新鮮な本島北部産のフルーツは外せない!

許田道の駅には、近隣農家が育てた新鮮なフルーツを直接購入することができる市場もあります。珍しい島野菜も並んでいるのですが、ひときわ目立つのがこの地域の特産品である南国フルーツの数々です。

特にこの地方でとれるパイナップルは、沖縄県民の間でも「美味い!」と評判!しかも贈答用としても「北部産のパイナップル」というだけで非常に喜ばれるため、シーズンになるとわざわざパイナップルを購入するためだけに足を運ぶヘビーユーザーもいます。

道の駅店内のレストランコーナーではボリューム満点のステーキも食べられる

道の駅許田には、食べ歩きグルメスポットとしても有名です。でもあえて言うならば、店内に設置されたレストランコーナーが個人的にはおすすめです。

道の駅許田にはもともとレストランコーナーはあったのですが、観光客だけでなく地元客も多く利用していたため、かつては常に満席状態でいつ行っても空席を探すのに一苦労するような場所でした。ところが2016年に大規模にリニューアルし席も増設!これまではなかった一人客用のカウンター席や小さな子供でも安心して利用できるいすなども準備され、かなり利用しやすくなっています。

もちろん沖縄そばなどの定番メニューもあるのですが、パンチのきいたガーリックバターの本格ステーキなどもありメニューそのものも充実!ボリューム満点なのにコスパもしっかりと考えられているのがおすすめです。

  • 住所:名護市許田17-1
  • 営業時間:8:30~19:00
  • 定休日:年中無休

第2位【道の駅かでな】

道の駅かでな

沖縄県内の道の駅の中で唯一、施設内から米軍基地が一望できるのが「道の駅かでな」です。建物は米軍嘉手納基地に隣接しており、屋上に上がると目の前には飛行機の滑走路が広がっています。タイミングによってはF15戦闘機や空中給油機などの軍用機が離発着する様子を見ることができるため、愛好家や報道関係者が専用の大型カメラを持ってスタンバイしている姿が常に見られます。

とにかくでかいジャンボハンバーガーも道の駅かでなの名物

道の駅かでなのおすすめグルメといえば、名物にもなっている「ジャンボハンバーガー」が欠かせません。何しろバンズの長さは20㎝近くもあり、幅も約8㎝と規格外の大きさです。

ちなみにジャンボチーズバーガーが、地元客の間では人気があります。普通のジャンボハンバーガーに加えてたっぷりのチーズ・トマト・玉ねぎたっぷりと盛り付けたジャンボチーズハンバーガーは、見た目だけでなくお腹にも満足の1品です。

米軍関連グッズがそろっている

道の駅かでなの建物1階には売店があり、嘉手納町の特産品を使ったお土産や沖縄の定番のお菓子などが販売されています。ところがこの売店では、ほかの道の駅では見られない「米軍関連グッズ」コーナーがあります。

新聞やメディアなどでここ数年騒がれているオスプレイの写真も、ここではマニアたちにはたまらない関連グッズとして販売されています。ほかにも様々な軍用機の写真が店の一角に並べられており、写真を見るだけでも軍用機の種類や違いなどを知ることができます。

  • 住所:中頭郡嘉手納長屋良1026-3
  • 営業時間;展望台/8:00~22:00、その他施設/9:00~19:00
  • 定休日:年中無休

※展望台への入場は無料です

第3位【道の駅ぎのざ】

2018年4月28日にリニューアルオープンしたばかりなのが、「道の駅ぎのざ」です。これまでは、週末ごとにフリーマーケットが開催されていたため「フリマの聖地」ともいわれていた道の駅ぎのざですが、観光客だけでなく地元住民たちが気軽に利用ができる拠点とするため、これまでのイメージを大きく変える大胆なリニューアルに踏み切りました。

リニューアルによって県内で唯一「重点・道の駅」に指定された道の駅ぎのざ

リニューアルされた道の駅ぎのざは、鉄筋コンクリート製の三階建ての建物です。敷地内には、これまでにはなかった超巨大な子供用遊具も設置され、地元の子供たちが一日中遊ぶことができるようになっています。

さらに宜野座村は阪神タイガースのキャンプ地でもあることから、リニューアルされた建物には阪神タイガースの資料館も設置されています。ほかにも宜野座村の特産品を使った珍しい加工品や地元の農産物などを販売する売店などもあり、これまでの県内の道の駅の印象を大きく変える内容となっています。

そんな道の駅・ぎのざは、県内の道の駅としては唯一、国土交通省から「重点・道の駅」の指定を受けています。国土交通省が定める「重点・道の駅」は、「地域活性化のための優れた企画がある施設」のことであり、建物完成後に指定されるのではなく整備計画の段階で国土交通大臣が選定します。

箱物行政と呼ばれる施設の多くは、「企画はよかったんだけど実際の中身は…」と言われてしまうものもよくあります。宜野座村の観光の起爆剤となることを期待してリニューアルされた「道の駅ぎのざ」ですが、すでに企画の段階から国によって高く評価されているというのですからこれはかなり期待できます。

  • 営業時間:9:00~19:00
  • 定休日:年中無休
おすすめの記事