那覇市のメインストリート・国際通りは、毎週日曜日に「トランジットモール」と呼ばれる歩行者天国になります。毎週エイサーショーや子供向けイベントなどが催されるトランジットモールはこんな楽しみ方が出来ます。

迫力の大道芸が無料で楽しめる!

那覇市のメインストリートである国際通りは、安里三差路から県庁北口交差点までの約1.8㎞あります。ですがトランジットモールとして歩行者天国となるのは、ゆいレール牧志駅から県庁北口交差点(『パレットくもじ』と呼ばれるデパートがある交差点)までの区間です。

そしてこのトランジットモール開催中は、全部で10か所のパフォーマンスエリアが設置されます。実はこのパフォーマンスエリアこそ、地元に住んでいるからこそおすすめしたいトランジットモールのおすすめスポットなのです。

一番盛り上がるのはドン・キホーテ国際通り店近くのパフォーマンスエリア

国際通り

トランジットモールのパフォーマンスエリアでパフォーマンスを行うパフォーマーたちは、沖縄を代表する人気パフォーマーたちです。全部で10ヶ所あるパフォーマンスエリアでは、場所・時間ごとに様々なパフォーマーたちが入れ替わりでショーを行っているのですが、中でもドン・キホーテ国際通り店近くに設置されるパフォーマンスエリアがおすすめです。

こちらのパフォーマンスエリアは国際通りの中心部に位置する上に牧志公設市場からも近いため、集客力が高い事でも有名です。そのため地元で人気の大道芸人たちが出演する確率が高いのです。トランジット期間中は指定エリアでパフォーマーたちが入れ替わりショーを行うのですが、最も盛り上がるのは夕方4時ごろにスタートするショーです。

テントなど日よけがあるわけでもないパフォーマンスエリアなのですが、パフォーマンスがスタートする30分くらい前からは地元の子供たちが間近でショーを見るために少しずつ集まり始めます。開始時間10分前になるとスタートを知らせるためにノリノリの音楽が大音量で流れ始め、パフォーマーのアナウンスに誘われるようにして続々と人が集まってきます。ショーが始まると大迫力のパフォーマンスに、思わず足を止めてしまう人も続出!最後のパフォーマンスを迎える頃には黒山の人だかりになっています。

子連れファミリーならスタバ前の子供広場がおすすめ

国際通り周辺の住民の間ですっかり定着しているのが、トランジットモールに設置される子供広場です。こちらはスターバックスから旧ハピナハまでの車道を利用して設置される無料のおもちゃ広場です。

こちらの子供広場の遊具は毎週少しずつ変わるのですが、子供広場一杯に広げられた大量のおもちゃを無料で自由に遊ぶことが出来るので、毎週訪れる親子の姿もたくさんいます。実は私も子供が小学生に上がるまでは、毎週この子供広場を利用していました。身体を使って遊ぶ玩具もあれば塗り絵や人形遊びなどもできるので、年齢や性別に関係なく子供たちを遊ばせることが出来ますよ。

子供広場のすぐ横がパフォーマンスエリア

子供広場は、大道芸人たちのパフォーマンスを無料で楽しむことが出来るパフォーマンスエリアの隣にあります。そのためおもちゃ遊びに少し飽きてしまったタイミングに合わせて、隣のパフォーマンスエリアでイベントが始まります。だから何度かこの場所で遊んでいる地元の子供たちなら、子供広場とパフォーマンスエリアを交互に楽しむのが定番になっています。

こまめな水分補給と帽子の着用は忘れずに!

トランジットモールの子供広場は、本当にたくさんのおもちゃであふれかえっています。大量のおもちゃを前にした子供たちは、時間を忘れて夢中になって遊んでしまいます。でもだからこそこまめな水分補給は、見守る保護者の方から声をかけてあげないといけません。

また子供広場が設置されている場所は比較的日陰が多く過ごしやすいのですが、エリア内でも時間帯や場所によっては日差しが強く当たることもあります。安心して子供を遊ばせてあげるためにも、必ず帽子を付けさせるようにしてくださいね。

トランジットモールはインスタ映えする写真が撮り放題!

トランジットモール開催中は、一部の許可車両を除きすべての車両が通行禁止となっています。トランジットモール以外の国際通りは一日中渋滞しているため、国際通りの中心で写真を撮るなんてことはできません。でもトランジットモールなら規制区間エリア内であればどこでも歩くことが出来るので、思い通りの写真を撮ることができます。

日差しが強いほどいい写真が撮れるチャンス!

国際通りの歩道には日差しを避けるための日よけがつけられているのですが、普段バスなどの大型車両が頻繁に通る車道には日よけがありません。沖縄の日差しは直接肌にあたるだけで体感温度が2~3℃上がります。だからせっかくの歩行者天国でも、日差しが強い時はほとんど車道を歩く人はいません。

そんな沖縄の歩行者天国だからこそ、インスタ映えするいい写真が撮れるチャンス!日差しによる暑ささえ我慢すれば、突き抜けるような青い空をバックに延々と続く国際通りを切り取った写真が撮れるはずですよ。

おすすめの記事