バス

電車がない沖縄では車での移動が欠かせません。せっかくの沖縄の旅なのですから、のんびりと路線バスで回ってみるのはいかが?レンタカーでは体験できない出会いや感動が、きっとそこにはありますよ。

那覇から美ら海水族館へ向かってみよう!

美ら海水族館は、国立海洋博公園内にある人気のスポットです。世界最大級の水槽には、全長8.7mものジンベイザメのほかにも、ナンヨウマンタやサメ、エイ、その他多くの黒潮の回遊魚たちが優雅に泳ぐ姿を目の前で見ることが出来ます。

魚類の展示だけが注目されがちですが、実は美ら海水族館は世界初となる「ジンベイザメの複数飼育」に成功したことでも有名な施設。さらに水槽に注がれる大量の水は、海からくみ上げた海水。そのためもともとこの地域で見ることが出来るサンゴも、自然に近い環境で飼育されています。

そんな美ら海水族館に路線バスで行くには、最も近い「石川入口(本部町)」で下車します。那覇から向かうにはまずは「那覇バスターミナル」から「名護バスターミナル」へ移動し、そこから「本部半島線 今帰仁廻り」に乗車し、「石川入口(本部町)」で下車します。

那覇バスターミナルから路線バスで名護バスターミナルへ行く

那覇バスターミナルから名護バスターミナルへ路線バスで移動するのなら、所要時間が約2時間となります。利用できる路線バスは2つあり、沖縄バス(路線番号20番)と琉球バス(路線番号120番)になります。

那覇バスターミナルから高速バスで名護バスターミナルへ行く

少しでも時間短縮をしたいのならば、那覇バスターミナルから高速バスを利用するのがおすすめです。那覇バスターミナルから1時間40分で名護バスターミナルまで到着します。

高速バスで那覇バスターミナルから美ら海水族館に直行する

高速バスを使って美ら海水族館へ直接移動する方法もあります。これは、「117番高速バス(美ら海直行)下り」を利用します。下車するのは終点の「ホテルオリオンモトブ&スパ」になります。下車予定の「ホテルオリオンモトブ&スパ」は、美ら海水族館のある海洋博公園に隣接しているリゾートホテルで、美ら海水族館までは停留所からは公園内を徒歩で移動することが出来ます。

この高速バスを利用する場合は、那覇バスターミナルの「国内旅客ターミナル前」から乗車します。

那覇から平和祈念公園へ向かってみよう!

糸満市摩文仁にある平和祈念公園は、平和の礎のほかにも各都道府県などの慰霊碑や資料館などがあり、沖縄戦を学んだり平和について考える学習の場としても人気があります。広大な公園の敷地内には、地元の子供たちに人気がある超大型遊具施設「命の卵」があり、天気の良い日中には多くの子供たちが元気に走り回る姿を見ることが出来ます。

日の出直前の公園内は夏でもひんやりと涼しいため、散歩やウォーキングをする地元住民の姿を見かけます。また海に面した慰霊碑エリアでは、摩文仁の海からゆっくりと昇ってくる朝日を写真に収める写真愛好家たちの姿もあります。

そんな平和祈念公園へ那覇から路線バスで行くには、最寄りの停留所である「平和祈念公園」で下車します。

那覇バスターミナルから路線バスで平和祈念公園に行く

那覇バスターミナルから路線バスで平和祈念公園に行くには、「那覇バスターミナル」から「糸満バスターミナル」へ移動し、そこから路線番号82番の玉泉洞線に乗ると「平和祈念公園」に到着します。

糸満バスターミナルまでの路線バスは15分に1便程度ありますが、糸満バスターミナルから平和祈念公園に向かう路線は、1時間に1便程度となります。乗り継ぎに時間が空く場合は、糸満バスターミナル周辺を散策してみるのがおすすめ。もともと糸満市は「海人(漁師)の街」として知られており、沖縄本島の中でも独特の文化を持っています。そんな海人の街を散策しながらバスを待つのもおすすめですよ。

観光】の最新記事
  • バス
    路線バスで行く!のんびり沖縄の旅
  • ゴーヤーチャンプルー
    沖縄ではあの有名チェーン店で沖縄限定メニューが食べられる
  • 花火大会
    沖縄旅行中に楽しみたい!2018年沖縄のおすすめ花火大会
  • 伊計島
    伊計島を10倍楽しむ観光テクニック
  • フェリー
    石垣島からしか行けない離島の魅力
  • 離島
    いざ沖縄の離島へ!その移動手段とは?
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。