座間味島

せっかく沖縄に来たなら、本島だけでなく、離島にもいってみたいと思いませんか?それなら、本島から日帰りで出かけられる離島はいかが?日帰りなのに離島が満喫できるおすすめスポットがありますよ!

フェリーで50分!座間味島

座間味島の魅力は、なんといってもオフシーズンなく楽しむことが出来ること。夏はマリンスポーツ、冬はホエールウォッチングを楽しむことが出来る座間味島は、「本島から気軽に出かけられる離島」として人気があります。

島は、全部で3つの集落があり、それぞれに魅力が違うというところも楽しみの一つ。海だけでなく、豊かな自然を楽しむトレッキングや海に沈む夕日を眺める贅沢な時間、新しさと伝統が混在する街並みの散策などが、コンパクトな島の中に集約されています。これも、座間味島の魅力といえるでしょう。

島内の移動手段

コンパクトとはいえ、3つの集落に分かれている座間味島では、島内を移動するための「足」の確保は必須。

フェリーを利用すれば、本島から車を持ち込むこともできますが、座間味島内にもレンタカーやレンタサイクルがありますので、島に渡ってから移動手段を確保するのもおすすめです。

座間味島のレンタカー

  • 【座間味レンタカー】電話:098-987-3250
  • 【ケラマレンタカー】電話:098-987-3350
  • 【あさぎレンタカー】電話:098-896-4135

座間味島のレンタルバイク

  • 【レンタルバイクかにく】電話:098-987-2334
  • 【チャリンコ・バイクレンタル石川】電話:098-987-2202
  • 【おき・レンタル】電話:098-896-4060

座間味島のレンタサイクル

  • 【チャリンコ・バイク石川】電話:098-987-2202
  • 【おき・レンタル】電話:098-896-4060

座間味島のおすすめスポット

座間味島には、美しい景色が見られるビーチや展望台が数多くあります。

古座間味ビーチ

島内で最も人気のあるビーチです。南北に大きく広がる砂浜には、夏にはカラフルなビーチパラソルが立ち並び、さながら外国のリゾート地のような雰囲気。

サンゴ礁がビーチを取り囲んでいるため、海に入れば、すぐそばまでカラフルな熱帯魚たちが集まってきます。

阿真ビーチ

島の南西部に位置する阿真集落のビーチです。ビーチのすぐ近くには、キャンプ場などもあるため、のんびりと海を見ながら過ごしたい人にはおすすめのビーチです。

ユヒナの浜

地元では、「星砂海岸」と呼ばれているユヒナの浜。星砂が広がっているというわけではありませんが、浜に広がる白砂を手ですくってみると、あなたの掌の中には、きっといくつかの星砂を見つけることが出来るはずです。

神の浜展望台

美しい夕日が見られる展望台として、地元では人気がある展望台です。日中は阿嘉島だけでなく、嘉比島や安慶名敷島、安室島などの無人島なども見渡すことが出来ます。

女瀬の崎展望台

こちらも、夕日が美しいことで有名な展望台です。座間味島最西端に位置する展望台で、360度の大パノラマで座間味島の景色を楽しむことが出来ます。

日中はエメラルドグリーンの海と、崖の下に広がるサンゴ礁、真っ青な空のコラボを楽しむことが出来ます。

稲崎展望台

座間味島の北部に位置する展望台です。稲崎展望台周辺には、人が住んでいないこともあり、この展望台から見ることが出来るのは、「山の緑と海の青のみ」という贅沢。慶良間諸島の絶景を、時間を忘れて楽しむことが出来るおすすめスポットです。

座間味島でおすすめのお土産

座間味島の特産品といえば、もずく・かつお節・海ブドウがあります。中でもかつお節は、「座間味島が沖縄県のカツオ漁発祥.の地」ということもあり、座間味島産のかつお節は、本島でも人気があります。座間味島のお土産を買うなら、座間味港の東側ターミナル内にある「ざまみむん市場」がおすすめです。

ざまみむん市場

  • 住所:沖縄県島尻郡座間味村座間味地先1
  • 電話:070-5536-3934
  • 営業時間:9:00~17:00
  • 定休日:不定休

座間味島へのアクセス

座間味島へは、那覇市にある泊港から、フェリーまたは高速船で座間味港へ渡るルートがあります。船は、一日に3便あり、泊港出航後は、阿嘉島を経由し座間味島へと渡ります。

フェリー情報

  • 料金:大人 ¥2120(往復¥4030)、小人 ¥1060(往復¥2020)※村民割引があります
  • カーフェリー:片道 ¥9150~30450 ※料金は車両の長さによって異なる
  • 自転車:片道 ¥380
  • 原動機付自転車:片道 ¥780
  • 二輪自動車:片道 ¥1550
  • 座間味島までの所要時間:約90分

高速船情報

  • 料金:大人 ¥780(往復¥1490)、小人¥390(往復¥750)※村民割引があります
  • 所要時間:約50分

貴重な動植物が見られるナガンヌ島

那覇市の泊港からわずか20分で到着する慶良間諸島国立公園の1つが、ナガンヌ島です。島の周辺はサンゴ礁に囲まれており、多くの海洋生物が見られます。

様々なマリンレジャーが楽しめるように設備が整えられたナガンヌ島ですが、もともと無人島であったため、基本的なライフラインは存在しません。それだけに、多くの観光客が訪れるものの、未だに手つかずの自然が多く残る美しい島でもあります。

ナガンヌ島では、貴重な動植物が見られることでも有名です。美しい砂浜は、ウミガメの産卵場所としても有名ですし、冬から春にかけては、島周辺の海ではザトウクジラの姿を見ることも出来ます。

島内の移動手段

以前と比べれば、設備が整っているとは言うものの、そもそも無人島であったナガンヌ島ですから、島内の移動はすべて徒歩になります。

ナガンヌ島観光の注意

島内及び周辺の自然環境の保護のため、島内への飲食物の持ち込みは禁止されています。また、水質保全のために、シャワー利用時も、環境に配慮したエコ系洗剤しか利用できません。

ナガンヌ島へのアクセス

ナガンヌ島への移動は、泊港から出港する専用クルーザーのみとなります。

出航数:4~6月・10~11月 1日1便 / 7~9月 1日3便

※事情により変更となる場合がありますので、利用の場合は必ずお問い合わせください。

予約・お問合せ:098-860-5860(受付時間8:00~18:00)

キャロットアイランド・津堅島

津堅ビーチ

津堅島といえば、「津堅島ニンジン」が有名な島。別名、「キャロットアイランド」とも呼ばれています。美しいビーチも有名ですが、島に広がる広大なニンジン畑も見所の一つです。

島内の移動手段

島の観光は、レンタルサイクルが主流で、津堅港ターミナル周辺に、レンタルサイクルショップがあります。

あずま商店

  • 住所:沖縄県うるま市勝連津堅1195
  • 電話:098-978-4029
  • 料金:1日500円
  • 営業時間;7:00~22:00
  • 定休日:なし

津堅島のオススメスポット

島の外周が7㎞の津堅島は、車ではなく、のんびりと徒歩またはレンタサイクルで回るのがおすすめ。のんびりと島の空気を味わいながら、透明度の高い海を眺めることが出来ます。

キャロット愛ランド展望台

ニンジンの形をした、なんとも可愛い展望台。見た目はもちろんニンジンですが、展望台内に設置してあるベンチまでニンジンデザインという徹底ぶり!展望台からは、美しい島の自然と透明度の高い海を見渡すことが出来ます。

トマイ浜

美しい白砂と透明度の高い海が人気のトマイ浜。沖縄本島のビーチとは違い、海外のリゾート地のような美しい風景が見所です。

ホートゥガー

その昔、このあたりにいた鳩(ホートゥ)が、いつも羽根を濡らしていたのを不思議に思った島民が、不思議に思ってその場所を掘ったところ、水が湧き出たことが名前の由来といわれているホートゥガー。泉の脇には、子孫繁栄の神さまが祀られていて、今も島の人々の信仰の対象とされています。

津堅島でおすすめのお土産

津堅島ニンジンが有名な津堅島には、ニンジンを使った加工品がたくさんあります。生の津堅島ニンジンをお土産にするのもおススメですが、日持ちする加工食品も魅力的。

津堅島ニンジンを使ったゼリーやドレッシング、ジャムなどは、素材のおいしさを十分に味わうことが出来るので、自宅用のお土産としてもおススメです。

勝連町きむたか加工グループ

  • 住所:沖縄県うるま市勝連内間1225
  • 電話:098-978-7721

津堅島へのアクセス

うるま市にある平敷屋港から、フェリーまたは高速船に乗って津堅島港へ移動します。船は、1日に5往復しており、沖縄本島からの始発は、7時30分となっています。

フェリー情報

  • 料金:大人 ¥630(往復¥1200)、小人¥320(往復¥610)
  • カーフェリー:片道4770~9540円(事前予約制/料金は車両の長さによって異なる)※車両1台につき運転手1名無料
  • 津堅島までの所要時間:約30分

高速船情報

  • 料金:大人 ¥780(往復¥1490)、小人¥390(往復¥750)
  • 所要時間:約15分
観光】の最新記事
  • 座間味島
    沖縄本島から日帰りで行けるおすすめ離島情報
  • シーサー
    沖縄そば以外で食べておきたいおすすめ料理10品
  • 飛行機
    冬の沖縄旅行はこんなにお得
  • シーサー
    沖縄の守り神・シーサーの秘密
  • お土産
    スーパーで買える沖縄のお土産
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。