沖縄に一人で移住をするのであれば、まずは家賃が手ごろなワンルームはいかが?沖縄のワンルームの家賃相場や契約時に必要な初期費用の内訳と目安をまとめてみました。

沖縄のワンルーム事情とは?

沖縄のワンルーム事情は、本土のワンルーム事情とはちょっと違います。そもそも沖縄でワンルームの需要があるのは都心(地方都市も含む)に限られています。最も物件数が多いのは那覇市ですが、それ以外のエリアとなると物件数が少ないうえに地域が限定されます。

沖縄では高校卒業して大学進学と同時に一人暮らしをするという人はあまりいません。大学生になっても実家暮らしをしている人が多く、「実家から大学までが遠い」などの事情がない限りほとんど一人暮らしをする人はいません。

そうした事情もあって沖縄でワンルーム探しは意外と難しいです。「どうしてもワンルームがいい」というのでなければ、1LDKや2Kなどの間取りをターゲットにした方が物件探しもスムーズに進みます。

沖縄のワンルームの平均相場は3.7万円

新都心

沖縄のワンルームの平均は約3.7万円です。でもこの数字はあくまでも平均値であって、目安ではありません。地方都市のワンルームだとかなり安い地域があるために平均家賃は下がりますが、那覇市などではそうはいきません。

ちなみに沖縄県内で最もワンルームの平均家賃が高いのは那覇市の約4.3万円ですが、最も安い名護市になると約2.7万円まで下がります。つまり那覇市と名護市ではワンルームの家賃相場が約2倍の差があることになります。

ワンルームとなるとマンションのイメージが多いですが、沖縄ではそうとも限りません。那覇市内で条件が良い賃貸マンションのワンルームとなると家賃は約5万円台になりますが、賃貸アパートのワンルームになると4.9万円くらいが相場です。

ちなみに那覇市内ではワンルームタイプの賃貸アパートも多いです。特に都心部で古い街並みの中にある新築のワンルームは賃貸アパートがほとんどです。ですから那覇市内のワンルームに限れば、設備の面でマンション・アパートに差はあまりありません。

沖縄でワンルームだと初期費用の目安はどれくらい?

沖縄でワンルームを借りるとなれば、契約時に初期費用を支払う必要があります。初期費用の支払いは原則「現金一括払い」ですので、移住にかかる費用とは別に準備しておく必要があります。

沖縄のワンルームの平均家賃が約3.7万円ですので、この家賃を元に初期費用を計算してみます。

まず初期費用には【敷金】【礼金】【前家賃】【管理費・共益費】【仲介手数料】【火災保険料】があります。古い物件の場合は「敷金・礼金なし」の物件もありますが、一般的なワンルームの場合はそれぞれ1か月分が相場です。

管理費・共益費は「家賃の一部」として考えます。一般的な物件の管理費・共益費の相場は3000~5000円ですが、都心部で新築のワンルームの場合は5000円以上の場合もあります。

仲介手数料は「家賃+消費税」です。仲介した不動産会社に支払うものなので、初期費用として考えます。

火災保険料はほとんどの物件で加入が義務付けられています。契約期間は2年間で、保険料は1~2万円が相場です。保険の加入手続きも賃貸契約の時に行うので、保険料も初期費用として支払います。

このほかにも月の途中で入居する場合は「日割家賃」が発生しますし、鍵の取り換えを行う場合は「交換費用」も初期費用になります。

県外からの移住者の場合、保証人は1人じゃないことが多い

賃貸契約をする場合には保証人が必要になります。一般的には1人となっていますが、沖縄移住者の場合はこれに当てはまりません。これまで私も数多くの引っ越しを経験してきましたが、県内に親族がいない移住者の場合は2~3人の保証人が必要です。

ただ県内に親族がいなくても、県内在住者が保証人を引き受けてくれた場合は1人でも大丈夫なケースが多いです。

私も最初に沖縄で賃貸住宅を契約する時には3人の保証人を探すのに苦労しましたが、沖縄に住んでいる友人が保証人を引き受けてくれたときには1人でもOK。長く沖縄に住んでいますが、引っ越しの時の保証人探しをするたびに「私ってやっぱり移住者なんだなあ」と改めて実感します。

沖縄に一人移住計画を実行に移すなら…

沖縄への一人移住計画を実行に移すのであれば、「少し早いかな」と思うくらいのスピードで準備を始めるのがおすすめです。いざ契約までこぎつけたとしても、保証人の問題など実際に契約の意思を示してからでなければ分からないこともたくさんあります。何にしても「早めの準備」が沖縄移住計画には大事ですよ。

おすすめの記事