「沖縄に移住しよう!」と思っても結果として諦める一つの理由が「仕事」にあります。「賃金が安い沖縄で生活できるくらいの仕事が見つかるのか?」は大きな問題です。では移住者の仕事探しの極意とは?

「前職の経験を生かせる仕事」はあなたの移住の目的にあっている?

沖縄移住を決断する理由には様々なものがあります。中でも単身で移住を決断した人の場合、「都会での暮らしに疲れた」という理由で移住をした人が多いです。

確かにその気持ちはよくわかります。私も沖縄に移住する前は、毎朝満員電車を使って1時間かけて通勤していましたし、仕事から帰る時にも同じコースを使うので平日は「家は着替えて寝るための場所」でした。

仕事が休みの日には家の掃除をして食材の買い出しをするだけで終わってしまう日も多かったですし、家に仕事を持ち帰った日は結局それすらも後回し…。こんな生活を何年も続けていたからこそ「都会の暮らしに疲れた」というリアルな移住者の気持ちがよくわかります。

でもせっかく都会の暮らしを離れて沖縄でのんびりと暮らしたいと思っているのに、仕事を探す時に「前職の経験を生かせる仕事」という条件はあなたの移住の目的と合っているのでしょうか?

前職の経験が生かせるということは、基本的に沖縄での暮らしも移住前の暮らしと同じものになる可能性が高いのでは?特にあなた自身がいろいろなスキルを持っているのであれば、沖縄でもそのスキルを活かした仕事を任せられるはずです。沖縄であっても仕事の内容は同じです。つまり「場所が変わるだけで同じ生活スタイルに逆戻りする」とならないでしょうか?

沖縄だって高収入の職業はある

沖縄は賃金が安いと思われがちですが、沖縄に特化した職業については慢性的な人手不足を抱えています。ただ県内で無料配布されている求人雑誌にはこうした情報はあまり表に出ません。でもこうした求人情報誌は手軽に無料で情報を集めることが出来るので、沖縄で職探しをする時にはこうした情報誌を一度は手にしたことがあるのではないでしょうか?

とはいえこうした求人情報誌で掲載されている求人内容は、本土で仕事をした経験を持つ人から見れば愕然とするような給与額ばかりです。私自身も沖縄で最初に仕事探しをする時に、求人誌で「契約社員 時給が800円以下」を見て「高校時代のアルバイトよりも安いわけ⁈」と愕然としました。

でも実際に働いてみると、本土で働いていた時よりも沖縄の企業の方が仕事の内容をきちんと評価してくれると感じました。たまたま私の場合はその企業で以前から欲しがっていた専門技術を持っていたという偶然もありましたが、おかげで入社前に提示されていた給与額とは別の条件で採用されました。

でもこれって他の職業でも同じことが言えます。例えばホテルマンから不動産業界に転職した友人の場合は、「クレーム対応能力が高い」ということが決め手となって求人情報誌の給与額よりも上乗せされた内容で採用してもらったそうです。

つまり専門スキルを持っている人であれば、前職にこだわらなくても高収入の仕事が見つかる可能性があるということです。たとえそれが前職では評価されなかったとしても、沖縄の現状にマッチしたものであればOK!たとえ他業種からの転職だったとしても、その企業にとって必要なスキルだと認められれば十分にプラスの評価をしてもらうことが出来るのです。

「すぐに辞めないこと」は大事

沖縄の企業で人事を担当している友人に話を聞くと、「沖縄では好条件で採用してもすぐに辞めていく」といいます。友人の会社は本土系企業なので、アルバイトでも時給1000円以上ですし正社員なら初任給が25~30万円です。沖縄県内でこれだけの高収入であれば十分に人は集まると思うのですが、採用してもほとんどの人が辞めていくのだといいます。ひどいときは10人採用しても一週間以内に全員辞めてしまうこともあるのだそうです。

逆にこういう企業で働いたことがある沖縄出身の友人も私にはたくさんいます。ほとんどの人が半年以内でやめていますし、長く働いた人でも1年で転職しています。主にコールセンターや営業職で働いていた友人たちなのですが、やめる前に愚痴を聞かされると決まって出て来るのが「きつい」の一言です。

きつく感じる理由には大きく分けて2つあり、「ノルマがある」「休みが取りにくい」が多いです。これに対して「人間関係がイヤ」という人は私の友人の中ではいません。職場の同僚たちとは非常にフレンドリーなようでそこに不満はないようなのですが、仕事そのものがきついと感じるらしいのです。

ただ長く続けていれば見えてくる仕事のコツのようなものもあります。変な話、それって本土で仕事をしていても同じではありませんか?あなた自身も「もう少し頑張ってみたら仕事の効率も上がるのに…」と辞めていく人の背中越しにつぶやくことはありませんでしたか?

多分その「あと少し」のガマンが出来るのが移住者の強みだと思うのです。次の仕事を探すことの難しさを考えれば、もう少し我慢して頑張ろうと思えるはずです。この「あと少し」を乗り越えられると、会社としてもあなたのことをきちんと評価しようと見てくれます。

つまり仕事を選ぶのではなく、選んだ仕事を辞めずに続ける気持ちがあれば沖縄でも仕事できちんと評価をしてもらうことが出来るのです。これが結果として高収入・高待遇につながると思います。

沖縄でも考え方を変えれば高収入の仕事が見つかる

給料が安いといわれる沖縄ですが、高収入が約束されている仕事はたくさんあります。また沖縄では「仕事」としても評価してくれますが「人」としても評価してもらうことがあります。人としての評価が高いと、横のつながりが強い沖縄では「こっちの会社でもっといい条件で採用してくれるって言ってるけど、興味あるなら話聞いてみる?」なんて話も出てきます。

つまりどんな形であっても、仕事を続けていれば周りがきちんと評価してくれるのが沖縄で働く一番のメリット!そう考えて肩の力を抜いて仕事を探してみると、もっと多くの求人情報に出会えるはずですよ。

おすすめの記事