就職の面接試験では「あなたの座右の銘は?」と質問されることもあります。無難な内容で答える良いのですが、この場合も対策が必要です。そこで就職面接対策に役立つ沖縄のおすすめことわざをまとめました。

座右の銘【初級編】

命どぅ宝

沖縄のことわざといえばこの言葉を思い出す人がほとんどでしょう。

座右の銘としても沖縄では非常に人気があり、特に戦争を体験した沖縄のオジイ・オバアがよく口にする言葉でもあります。

この言葉のもととなった沖縄のことわざ

惜しでぃ惜しまりみ

玉ぬ緒ぬ命

若さ頼がきてぃ

粗相に持ちゅな

〈よみかた〉

うしでぃうしまりみ

たまぬうぬいぬち

わかさたるがきてぃ

すそにもちゅな

この言葉を「座右の銘」にする時のポイント

沖縄ではあまりにも有名な言葉ではあるのですが、これを就職面接で「あなたの座右の銘は何ですか?」の答えとする時には注意が必要です。

なにしろ沖縄県内ではあまりにも有名な言葉なので、「その言葉の先に何を感じているのか」ということを具体的に質問されることがあります。

例えば「あなたがその言葉を座右の銘にした理由は何ですか?」と聞かれた時、「昔から祖父母に言い聞かされていたので座右の銘にしました」ではあまりにもお粗末です。

このケースの場合は祖父母が戦争などで体験したことを端的に説明し、それに対して「自分にも生まれたからには使命があるのだとおもい、どんな時でも一生懸命に向き合うことが大事なのだと思い座右の銘にしています」のようにすればかなり印象は良くなります。

座右の銘【中級編】

誠ひとつ

「どんなときにも誠実である」ということは、言葉で表現するよりも実行する方が何十倍も難しいです。

でも時代がどんなに移り変わっていったとしても、人の心はそれほど大きく変わりません。

人と人が付き合う時には「人柄や性格が合う」ということも大事なことですが、「どんな時でも誠実である」ということの方がより大事になります。

特に社会人となれば「誠実さ」ということは非常に魅力のあるポイントになります。

この言葉のもととなった沖縄のことわざ

たとぅい物事に

優りやい居てぃん

人ぬ見所や

誠一ち

〈よみかた〉

たとぅいむぬぐとぅに

すぐりやいうてぃん

ひとぅぬみどぅくるや

まことぅひとぅち

この言葉を「座右の銘」にする時のポイント

この言葉には「見せかけがどんなに優れていたとしても、人としての評価は誠ひとつにかかっている」という意味があります。

つまり「誠実であることは良いことだ」ではなく、「どんなときでも誠実さを忘れずに物事に向き合うことを諭す言葉である」ということを理解しておく必要があります。

ちなみにこの言葉を座右の銘としてあなたが答えたならば、次に考えられる相手からの質問は「あなたにとって誠(誠実)とは何ですか?」です。

これに対するあなたなりの答えも準備しておくことが成功のポイントです。

座右の銘【上級編】

天地は鏡

この言葉は、中国の故事に由来します。

その昔中国の王密が、楊震に面会を求めて賄賂を渡そうとしました。ところが楊震はその賄賂を受け取ろうとしません。

王密は「これを受け取ったとしてもそのことを知っているのは、私たち2人以外誰もいないのですよ?」と言って何とか賄賂を受け取らせようとします。

その時に楊震は、「誰も知らないはずはない。天も地もしっているし、私もあなたも知っている。2人以外誰も知らないということはあり得ない」と答えました。

この故事から生まれたのが「天地は鏡」という言葉です。

この言葉のもととなった沖縄のことわざ

他所知らんとぅ思てぃ

心欺くな

天と地ぬ中や

鏡でむん

〈よみかた〉

ゆすしらんとぅむてぃ

くくるあざむくな

てぃんとちぬなかや

かがみでむぬ

この言葉を「座右の銘」にする時のポイント

非常に上級者用の座右の銘です。これを座右の銘として使う場合は、この言葉が生まれた中国の故事を知っていることが大きなポイントです。

「難しい言葉を知っている」と評価されるだけでなく「幅広い知識についても意欲的に学ぼうという姿勢がある」と判断されます。

かなり使い方が難しい言葉ですが、「ここで他と差をつけたい!」という時こそ効果を発揮します。

就職面接対策の「座右の銘」のポイントまとめ

就職面接の際に「あなたの座右の銘は?」と聞かれた時には、なぜその言葉を選んだのかということも必ずセットで質問されます。

はっきり言えば「何を座右の銘にするのか」よりも「なぜその言葉を座右の銘にするのか」が面接官には重要なのです。

だからこそ面接に合格するには、どんなに定番の言葉であってもあなたなりの解釈を端的にまとめて説明することが大切です。

ちなみに「要所をまとめて短い文章で説明する能力」も面接の際の加点対象になりますので、こちらも意識するようにしてくださいね。

おすすめの記事