沖縄の海と言うと、「神秘的な青」「透明度の高い青い海」「エメラルドグリーン」など美しい青い色を表す言葉が並びます。でも沖縄の海はどうして美しい青い色をしているのでしょうか?

太陽の光が沖縄の海を青くしている

太陽の光には、様々な色が含まれています。太陽を絵に描くときには赤やオレンジ、黄色などの色を使いますが、実際には赤、オレンジ、黄色、青、緑、藍色、紫色の7色で構成されています。そんな太陽の光が海水にあたると、青色以外はすべて海水に吸収されていきます。残った青色はそのまま海の底まで進んできます。

さらに海の底にある砂に光が当たると、今度は反射して海の外へと戻ってきます。この状態の海を私たちは目にするので、海の青色を強く感じるといわれています。

空の青い色が沖縄の海を青くしている

沖縄

沖縄の空は澄んだ青い色をしています。しかも海岸線がどこまでも続く場所では、景色を遮る建物は全くありません。つまり空と海だけが目の前に広がっている状態といえます。

この条件を満たした沖縄の海は、空の色をそのまま反射します。そのため昼間に青空が広がっているときの沖縄の海は青く見えますが、夕焼け空になると海の色も真っ赤な色に変わります。

透明度が高いから沖縄の海は青く見える

海

太陽の光が海の底まで届くための条件には「海の透明度」も関係します。濁った海では光の吸収率もそれほど高くありません。でも沖縄のように透明度の高い海の場合、光は海の深いところまで届きます。しかも海が深くなるほど太陽に含まれる色素は純粋な青に近づきます。では沖縄の海はどうして透明度が高いのでしょうか?

それは沖縄の海は不純物が少ないからです。海の不純物と言えばプランクトンが挙げられますよね?プランクトンは海の生き物にとって大切な存在なのですが、必要以上に増えてしまうと海を汚す原因になります。そしてプランクトンは海の中の土や有機物をエサにするので、こうした不純物が増えるとプランクトンが異常発生し海は濁ってしまいます。ですから不純物が少ない沖縄の海は、透明度が高いといえるのです。

さらに沖縄の海にはサンゴがたくさん生息しています。サンゴは海のお掃除係で、海中の二酸化酸素を取りこむと光合成し酸素とミネラル成分を排出します。こんなきれい好きなサンゴがたくさん生息しているからこそ、沖縄の海はどこよりも透明度が高いのです。

海が深いから沖縄の海は濃い青に見える

海

太陽の光が海に吸収されることで青い色に見えると説明したのですが、純度の高い青色を表現するには「青い色以外が存在しない状態」を作らなければいけません。

太陽に含まれる色は虹色を構成する7色なのですが、色によっても吸収される距離はかわります。水面ではすべての色は吸収されずに存在するのですが、海の底に進むと色によってどんどん吸収されていきます。最初に吸収されるのは赤・オレンジ。次に黄色、緑、青、藍、紫の順で吸収されていきます。

このように説明すると「それなら本物の沖縄の海は紫色なの?」と思うかもしれません。ただしそれは間違いです。

確かに光の吸収の違いから言えば、もっとも吸収されにくいのが紫色です。ところが太陽に含まれる紫色は、人間の目には認識されにくいのです。そのため認識できる色の中では、藍色(深い青)が最後まで吸収されずに残る色となるわけです。

ここまで説明すればもうお分かりですよね?沖縄の海は確かに青いのですが、海の深さによって青の濃さが変わるのです。そのため海が浅いと黄色や緑も吸収されずに残るので、海の色はエメラルドグリーンになります。これに対して深い海になると青以外の色はすべて吸収されてしまうので、見える海の色も濃い青(藍色)になるのです。

沖縄の青い海にはたくさんの秘密があった

沖縄の海が青いのは、様々な条件が重なったことが原因で作られたもの。つまり自然が作った神秘の色ということです。人間が作り出すことができない色だからこそ、見る人の心を虜にしてしまうのでしょうね。

おすすめの記事