古民家での移住生活を希望する人が増えていますが、沖縄の家は一般的な日本家屋とは違います。この違いをちゃんと理解しておかないと、沖縄の古民家暮らしは失敗します。今回は沖縄の古民家の特徴を紹介します。

赤瓦屋根こそ家を守る秘訣

古民家

沖縄の古民家の屋根は、赤瓦をつかった瓦屋根です。そんな赤瓦が沖縄の古民家に使われている理由には次のようなものがあります。

まず1つ目は、沖縄の強い日差しを遮る効果があることです。「琉球瓦」ともいわれる沖縄の赤瓦は、熱を反射する素材が使われています。そのため強烈な日差しを受けても熱を吸収しにくく、断熱効果が高いのです。

2つ目は、2種類の赤瓦を組み合わせて使うことで雨漏り対策となる点です。赤瓦には形が違う2種類の瓦があり、丸い形をしているものをウーガーラ(男瓦)、平たい瓦を「ミーガーラ(女瓦)」といいます。平たいミーガーラを重ねると隙間ができて雨水が屋根裏部屋に漏れ出てしまうのですが、隙間の上に丸いウーガーラを置くことによって隙間がなくなります。そのため赤瓦の古民家は築年数が古くても雨漏りが起こりにくいのです。

3つ目は台風に強いことです。沖縄には年に何度も台風がやってきます。雨に強いだけではすぐに壊れてしまいますし、屋根の赤瓦は強風ですぐに吹き飛ばされます。そこで瓦をしっかりと固定するために使うのが漆喰です。漆喰は瓦を固定するだけでなく、瓦の間に出来るわずかな隙間も埋める効果があります。そのため強風に強く雨漏りもしにくいのです。

最後に挙げるのが、赤瓦の通気性です。沖縄の古民家は木造家屋ですので、コンクリート家屋と比べても通気性が高いです。そこに通気性の高い赤瓦屋根にすることで、建物内の温度を抑える効果が高まります。このように沖縄の赤瓦には古民家を守るたくさんの秘訣があるから、古くても頑丈で快適な住まいになるのです。

玄関の目の前に仏壇

仏壇

沖縄の古民家の場合、玄関に入ると目の前に仏壇があることが多いです。仏壇がある部屋は家の中心に置かれているので、家の中に入るには必ず仏壇の前を通らなければいけません。さらに床の間と台所(リビングルーム)は仏間を挟むように配置されているので、どちらに行くにしても仏壇の前を通らなければいけないのです。

とはいえ玄関の目の前に仏壇を置くのが沖縄流というわけではありません。そもそも本来の沖縄の古民家には玄関はなく、部屋に面した縁側から出入りをしていました。ですから古民家に玄関があるということは、本来の古民家にリフォームを加えた物件だといえます。

プライベートルームは裏座

裏座

沖縄の古民家は、南に一番座(床の間)と二番座(仏間)、北に裏座があります。一番座と二番座は「家の表」で、結婚式や伝統行事では二間続きの客間となります。これに対して裏座は、表側からは見えないようになっています。裏座に通じる入口には扉が取り付けられているので、締めると表と裏が完全に分かれます。(ちなみに写真は台所側から見たもので、左が裏座、右が仏間と床の間です)

ただし北側にある裏座は涼しいですが、日差しが入りにくいので日中でもやや薄暗いです。かといって日当たりを重視して庭の草木を伐採してしまうと、強い日差しが部屋に入ってくるので部屋の温度が上がります。このような間取りは沖縄の古民家では一般的なので、間取りの違いをきちんと理解しておかないと暮らしやすさに影響が出ます。

沖縄の古民家の特徴を知れば家との付き合い方もわかる

沖縄の古民家は本土の古民家とは様々な点で異なります。でも沖縄独特の造りのおかげで厳しい自然の中にあっても、安全で快適に暮らすことができるようになっています。ですから沖縄の古民家で暮らすのであれば、沖縄古民家の特徴をきちんと理解することが上手に家と付き合うコツといえます。

おすすめの記事