「嬉しいことはみんなで分かち合う」というのが沖縄の考えです。それだけに結婚式には並々ならぬ想いで挑む人々の姿があります。そんな沖縄の結婚式であるあるネタとしてよく出るものをピックアップしました。

ゲストの多さに感動する

最近は沖縄県内でも結婚式に対する考え方に変化はあります。ただ沖縄では昔から「良いこと(嬉しいこと)はみんなで分かち合おう」という精神があります。もちろん結婚式は新たに夫婦となった2人の門出になりますから、当然良いこと・嬉しいことになります。

つまり「みんなで分かち合う」という精神にのっとれば、当然ゲストの人数は膨れ上がります。もちろん昔は新郎新婦それぞれの関係者を合わせて500名規模の結婚式もよくありました。さすがに今ではここまで大規模な結婚式はそう滅多にありません。

でも新郎側100名、新婦側100名の総勢200名程度の規模は未だに当り前です。もちろんこの人数をきけばびっくりする県外の方も多いですが、沖縄ではこれでも「今回はちょっと少ないのでは…?」という意見もたまに耳にします。

ただいずれにしても数百人単位の結婚式ですから、主役である2人にとっては何をしてもすべてが感動!入場のシーンからフィナーレまで完全に芸能人のような気分になれます。

結婚式場で久々に友人と会うこともよくある

結婚式

沖縄では結婚式のゲストに呼ぶ範囲に定義はありません。新郎新婦のことを直接知っている友人はもちろんですが、本人たちは知らない人もたくさんいます。

例えば新郎新婦の両親の友人も、沖縄の結婚式ではゲストに呼ばれます。また横のつながりを大事にする沖縄では、「この人をゲストに呼ぶなら、こっちの人とも付き合いがあるはずだから呼ばないとマズイ」なんてこともよくあります。

こんな風にしてゲストは選ばれますので、「ゲスト同士が結婚式場で久々のご対面」ということもよくあります。もちろん結婚式ではアルコール類が提供されますし、お酒での付き合いが多い沖縄では、結婚式なのに「久々に出会ったことを祝って乾杯!」とゲスト同士で盛り上がっていることもよくあります。

本土式の結婚式で考えるとこんなシーンは「ありえない…」と思うかもしれません。でも沖縄ではひな壇に近い方から順に両家の親族や近い関係者の席が用意され、「知り合いの知り合い…」となるほどひな壇から遠い席になります。しかも200~300名は当たり前の式場内では、末席に座るとひな壇に座る新郎新婦の顔は米粒くらいにしか見えません。

そう考えれば「結婚式に参加したのも何かの縁!これを機にまた仲良くやろう!」とゲスト同士で乾杯しあうのも、ある意味で感動につながるのではないでしょうか?

余興の出来は新郎新婦の評判を左右する

沖縄県民同士の結婚式において、余興は欠かすことが出来ません。余興一つで場の雰囲気が盛り上がることもありますし、逆に「不愉快だ!」と年配のゲストからおしかりを受けることもあります。

もちろんそんなことは余興を頼まれた友人・知人たちはもちろんのこと、新郎新婦にとっても十分わかっています。だからこそ新郎新婦側も「誰に余興を頼めばいいのか?」で悩みますし、頼まれた側としては「さすが○○(新郎や新婦の名前)の友達だ!」といわれるように命がけで余興の練習をします。

つまり沖縄県民の結婚式において余興とは「新郎新婦の人間性を評価する場」でもあるわけです。

時間をかけて練習をしてきたことがよくわかる余興を見ると、会場中が感動に包まれますし歓喜の指笛が式場中に響き渡ります。ところが稀に裸になって悪ノリをする余興もあります。新郎新婦と近い年齢であれば「ちょっとおふざけが過ぎるけど面白いからいいか!」となることもあります。ところが年配のゲストはそうはいきません。

それまで楽しそうに笑顔を浮かべていた顔から表情が消え、明らかに不快感をあらわにします。そして「こういう人たちとお付き合いしているのなら、この2人(新郎新婦)との付き合いもちょっと考えなくちゃね」とぴしゃり一言…。

いずれにしても沖縄の余興は、良いも悪いも新郎新婦の評価を左右する大事なシーンです。くれぐれも悪ふざけだけはしないようにしましょうね。

とにかく沖縄の結婚式は楽しまなければ損をする

主役として結婚式に挑む場合もゲストとして参加する場合も、沖縄の結婚式では全力で楽しまないと損をします。何しろ沖縄では「喜びは分かち合う」が正しいお祝いの仕方です。だからちょっと不思議な光景に思えたとしても、それも含めて楽しむことが沖縄の結婚式あるあるにつながるのです。

おすすめの記事