シーサー

沖縄の守り神といわれているシーサーは、県内の至る所で見ることが出来ます。そんなシーサーですが、県内最古といわれているシーサーには、こんな話があります。

沖縄最古のシーサーはこうして生まれた

「シーサー」と呼ばれているのは、伝説の獣といわれている獅子のこと。その源流は、古代オリエントのライオンであるといわれています。かつて沖縄は、琉球王国という独立した国家でした。

小さな島国でしかなかった琉球王国が栄えることが出来たのは、当時、世界で最も勢力があったといわれている中国との貿易が関係しています。中国との貿易では、併せて中国の文化や風習も琉球へ入ってきます。その中の一つが、シーサーではないかといわれています。

沖縄シーサー誕生にまつわる伝説

守り神として沖縄でシーサーが作られるようになったのは、1689年に頻発していた火事がきっかけにあるといわれています。沖縄の古い歴史書である『球陽』には、その時の伝説が書き記されています。

原因不明の火事を防いだ獅子の像

現在の八重瀬町富盛地区での話です。当時、この地区に住む村人たちの間で、ある問題が起こっていました。それは、原因不明の火事が度々起こるという事件でした。どうすればよいのか対処に困った村人たちは、久米村に住む有名な風水師に相談します。

するとその風水師は、その火事の原因が、築のすぐ近くにある八重瀬岳と関係しているといいます。そして、「火事を防ぐためには、守り神といわれている獅子の像を作り、八重瀬岳に向けて設置するように」とアドバイスします。

そこで村人たちは、風水師に言われた通りに獅子の像を作り、八重瀬岳からほど近い場所に設置します。すると、あれだけ村人たちを悩ませていた火事がぴたりと止まり、その後も火事が起こらなくなりました。これが、沖縄のシーサーの始まりだといわれています。

伝説の獅子の像は今も現存していた

『球陽』で登場する伝説の獅子の像は、実は今も現存しています。それが、本島南部に位置する八重瀬町富盛地区の「富盛の石彫大獅子」です。

現在、このシーサーは、沖縄県指定有形文化財に登録されており、地元では「富盛のシーサー」と呼ばれています。

最古のシーサー 富盛の石彫大獅子

住所:沖縄県島尻郡八重瀬町富盛21

無数の弾痕を受けながらもこの地を守った石彫大獅子

沖縄最古のシーサーにまつわる話は、これだけではありません。第二次世界大戦末期、沖縄の地は戦場となりました。もちろん、意志彫大獅子の周辺も例外ではありません。しかも石彫大獅子が建つ富盛地区は、退却を続ける日本軍の陣地となったため、激しい地上戦の最前線となりました。

兵士たちの弾除けとなった石彫大獅子

実際に石彫大獅子の身体の表面を見てみると、今も無数の弾痕を確認することが出来ます。これは、激しい戦闘の中で日本兵たちが大獅子を弾除けとしていたことによってついた弾痕。かつて八重瀬岳の火事を納める火除けとして建てられた大獅子は、戦時中には弾除けとされ、その視線の先には銃口を向けるアメリカ軍の姿がありました。

戦後70余年となった今では、身体の表面の弾痕も幾分うっすらとしてきたようにも思えますが、それでも、肉眼で確認できる弾痕が今もなおシーサーの身体の表面には残されています。

沖縄最古のシーサーのレプリカがふるさと納税の返礼品になっていた

沖縄シーサーの由来であり、戦争の跡を今なお身近に感じさせてくれる富盛の石彫大獅子。伝説や石彫大獅子にまつわる話を聞けば、よほど人気がある観光スポットなのだろうと思われそうですが、意外とひっそりとした場所にあります。そのため、私もこの場所を数回訪れているのですが、ほとんど人と遭遇することがありません。

そんな石彫大獅子ですが、地元住民にとっては、今も変わらず村を守る守り神であり、シンボル的な存在となっています。そんな石彫大獅子にまつわる品物を探していたところ、ふるさと納税の返礼品に石彫大獅子のレプリカが使われていることを発見!

よく見てみると、レプリカの身体には、戦闘によってつけられてしまった弾痕もしっかり再現されていて、実物を見たことがある私としては、そのクオリティーにちょっと感動してしまいました。

幾多の災害にも屈せず、今も昔と同じ場所で守り続ける石彫大獅子ですから、自宅に飾っておけば、それだけで厄除効果があるかもしれませんね。

沖縄を知る】の最新記事
  • 国際通り
    国際通りを代表するあの建物の今と昔
  • ゆいレール
    沖縄都市モノレール線「ゆいレール」の魅力
  • 沖縄市コザ
    日本で唯一カタカタの市名だった旧コザ市とはどんな街?
  • シーサー
    沖縄最古のシーサーにまつわる話
  • ムーチー
    沖縄には鬼餅(ムーチー)と呼ばれる餅がある
  • 首里城
    「美人は苦労する」を地でいった琉球の美女・百度踏揚
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。