ヒョウモンダコ

沖縄には、天然ビーチがたくさんあります。穴場の天然ビーチであれば、シーズン中であってもプライベートビーチ状態で楽しむことも…。でも、そんな天然ビーチほど、気を付けたい沖縄の危険な海洋生物が存在します。

最強危険レベルのハブクラゲ

管理型ビーチの場合は、クラゲ防止ネットがあるため安心なのですが、管理者のいない天然ビーチでは、毎年、ハブクラゲに刺される事故が起きています。

ビーチのすぐ近くまでやってくるハブクラゲは、刺されると、揚げしい痛みが起こり、みみず腫れのような状態になります。

ハブクラゲは見つけにくい

ハブクラゲは、6月から9月頃に多く発生します。長い触手を動かし泳いで移動するのですが、体全体が透き通っているので、すぐ近くにいても、目ではなかなか見つけにくいのが注意点です。

刺された場合の応急処置

刺された部分は、決して手でこすらないでください。まずは、刺された部分に酢をかけ、内部に残った触手を取り除きます。

触手が取り除けたら、氷や冷水などで患部を冷やします。

もしも刺された部分が広範囲であれば、速やかに、病院で手当てを受けるようにしましょう。

絶対触ってはいけないオニヒトデ

直径が15~30㎝にも達する大型のヒトデで、全身が棘で覆われています。沖縄の珊瑚礁に生息しており、成体になると、生殖場所である珊瑚ですら、エサとして食べてしまいます。

水温が28℃以上になる6月上旬が繁殖期といわれています。近年、沖縄近海では、オニヒトデの大量発生が見られ、環境保全の面からも問題となっています。

オニヒトデの毒は超危険

オニヒトデは、全身に鋭い棘が覆っています。この棘には、猛毒があり、刺されると激しい痛みのほかにも、患部の腫れ、吐き気、麻痺の症状が現れます。

刺された場合の応急処置

オニヒトデに刺されたら、40~45℃のお湯に、刺された部分を付けて温めます。お湯につける時間は、30分から1時間程度が目安となります。

棘は完全に抜き取るようにし、取り除いた後は、しっかりと消毒します。

ただし、場合によっては壊疽(えそ)を引き起こすこともありますので、できるだけ速やかに病院で処置を受けるようにしてください。

磯歩きでも遭遇するウンバチイソギンチャク

ダイビングやシュノーケルをしていると、目にすることも多いのがイソギンチャク。そのイソギンチャク類に分類されているウンバチイソギンチャクには、毒があります。

ウンバチイソギンチャクの怖いところ

ウンバチイソギンチャクは、目で見ても判別がつきにくいというのがネックにあります。しかも、形そのものも一定の形ではないため、よくわからないイソギンチャクには、むやみに触らないというのが、地元では常識になっています。

ちなみに、刺されると激痛やみみず腫れを引き起こすだけでなく、腎臓機能にも障害を及ぼす危険性も…。この場合、治療が長期化することもあります。

刺された場合の応急処置

刺された部分は、決して手でこすってはいけません。触手を取り除いたら、患部を氷や冷水で冷やし、速やかに病院で治療を受けるようにしてください。

「ハブ貝」の異名を持つアンボイナガイ

芋貝の一種なのですが、棘には毒があります。他の危険な海洋生物と比べると、激しい激痛は比較的少ないのですが、アンボイナガイの毒は神経性の毒なので、最悪の場合は、刺されて約20分で呼吸困難や全身まひが起こる危険性もあります。

アンボイナガイは見かけても絶対に触らない

アンボイナガイは、危険を感じなければ、決して自ら人を襲ってくることはありません。ですから、見かけたとしても、近寄ったり手で触ったりしなければ、刺されることはまずありません。

刺された場合の応急処置

刺された部分よりも心臓に近いあたりを、ひもなどでしっかりと縛り、毒を吸い出してください。

刺されると、20~30分で呼吸困難や血圧降下などの症状が現れますので、一刻も早く病院で処置を受けるようにしてください。

コブラの仲間・ウミヘビ

コブラの一種であるウミヘビも、毒を持っています。ダイビングやシュノーケリングなどで見かけることもありますが、基本的には、ウミヘビが危険を感じない限り、自ら襲ってくることはありません。

ウミヘビは神経性の毒を持つ

ウミヘビの毒は、神経性の毒です。そのため、刺されると、早ければ20分くらいで、呼吸困難や血圧降下、場合によっては全身まひの症状が現れることがあります。

刺された場合の応急処置

刺された部分の上部を、ひもなどでしっかりと縛り、一刻も早く毒を吸い出してください。刺された部分には、日本茶で消毒すると、毒の中和作用が働きます。

激しい痛みが起こることはあまりありませんが、ウミヘビの毒は非常に危険ですので、速やかに病院で治療を受けてください。

「殺人ダコ」とも言われるヒョウモンダコ

美しい模様が特徴のヒョウモンダコですが、毒を持っているため、危険な海洋生物の一つでもあります。

神経性の毒を持っているので、場合によっては、呼吸困難や全身まひが起こる危険があります。

見た目は小さいが、恐ろしいヒョウモンダコ

殺人ダコという異名を持つヒョウモンダコですが、見た目はとても可愛らしく見えます。サイズも小さく、可愛らしい模様をしているので、思わず手で触ってしまいたくなるかもしれないのですが、その毒は、間違いなく猛毒です。

しかも、短時間で呼吸困難を起こすこともあり、場合によっては死に至ることもあります。

刺された場合の応急処置

刺された部分の上部をひもなどでしっかりと縛り、毒を絞り出して取り除いてください。この時、決して口で吸いだしてはいけません。毒が体にまわると、運動神経に異常が起こり、激しい嘔吐や言語障害が起こります。一刻も早く、病院で治療を受けるようにしてください。

沖縄を知る】の最新記事
  • シーサー
    沖縄最古のシーサーにまつわる話
  • ムーチー
    沖縄には鬼餅(ムーチー)と呼ばれる餅がある
  • 首里城
    「美人は苦労する」を地でいった琉球の美女・百度踏揚
  • 仏壇
    沖縄のタンカーユーエーってこんな行事
  • ちんすこうとサーターアンダギー
    ちんすこうとサーターアンダギー、どっちがおすすめ?
  • お笑い芸人
    ローカルなネタがウケる沖縄のお笑い芸人
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。